ファイナンシャルプランナーに関する情報が満載!

ファイナンシャルプランナーに相談する前に知っておきたいこととは

ファイナンシャルプランナーに相談する前に知っておきたいこととは ファイナンシャルプランナーは、お金に関する専門家です。
家計、子供の教育資金、老後の資金、住宅ローン、人生の資産設計、保険の加入や見直しなどお金に関することを幅広く相談しアドバイスを受けることが出来ます。
このファイナンシャルプランナーに相談する場合、まず知っておきたいことは相談には有料と無料があるということです。
有料のファイナンシャルプランナーは、時間制の料金体系を取っているケースがほとんどで、おおむね1時間5000円から10000円ほどに設定されています。
また、月額制や顧問制を取っているフィナンシャルプランナーもいます。
一方無料の相談は、一般的に保険のお窓口で相談を受け付けていることが多く、保険への加入を勧められることがあるものだと知っておいてください。
これは保険の窓口での相談で加入者を得ることができれば、フィナンシャルプランナーに報酬が入るためです。
しかし、保険の見直しを検討している場合無料で相談できますし、保険料を安くたりプランを見直して保証内容を満足のいく内容に見直したりたりなど適切なアドバイスを受けることができるというメリットもあります。
有料の相談は、生命保険以外にも家計や収入の状況に合わせた様々な角度から資産形成を考えたアドバイスをもらうことが出来ます。
一般の人にはわからないような金融の知識や物事の見方も知ることが出来るでしょう。
無料の相談はお金をかけずに相談ができるというのが最大のメリットですが、保険の勧誘があるということには注意が必要です。

ファイナンシャルプランナーへの相談は得意分野で選ぶこともポイントです

ファイナンシャルプランナーへの相談は得意分野で選ぶこともポイントです ファイナンシャルプランナーへ相談する時は、金融機関により得意分野が違うことがあります。
例えば不動産ローンを組みたいと考えた時に相談をすると、不動産のことに詳しいファイナンシャルプランナーが応対にあたります。
話を聞くと難しい専門用語が沢山出てくるので、その分野に特化している人と判断できるはずです。
そして金利に関する話もしてくれるので、高いと感じた時は違う金融機関へ行くといいです。
不動産ローンを扱う金融機関はネットで金利のことを載せていることもあるので、足を運ぶ前にネットで調べ置くと、店へ行く手間が省けます。
銀行で投資信託の金融商品を買いたいと受付に話すと、資産運用の話を得意とするファイナンシャルプランナーが出てきます。
顧客が投資未経験者だった際は、投資信託の基礎的なことから応用にあたる話まで、詳細に説明してくれます。
一通り話を聞けば、投資に関する知識がある程度は身につきます。
興味を抱き購入するきっかけに結びつくこともありますが、元本保証はないので余剰資金で投資をしたほうが無難です。
保険の相談をした時は、専門のファイナンシャルプランナーがあたり、どんな分野の保険に加入したいかを聞いてくれます。
話が難しいと感じた時は、パンフレットをもらって家に持ち帰るだけでも喜んでくれるので問題ないです。

お奨めのファイナンシャルプランナー関連リンク

通信講座でありながら、スタッフと強い連帯感で合格が目指せます。

ファイナンシャルプランナーを学ぶ