学生が事故にあった時の保険利用

以前に教えていた元塾生の大学生が車で事故を起こしたと相談してきたので、ディーラーに相談して保険適用になった



MENU
学生が事故にあった時の保険利用

大学生が事故をしたので保険適用

もう10年近く前になりますが、地元の学習塾で講師をしていました。
下は小学生から上は高校の大学受験生まで、幅広い年代を指導していました。
もともと地域密着で、高校生くらいになると、小さいころから知っている生徒だったりしてお互いにあまり気を遣わずに済む気楽な関係が多かったです。

そんな雰囲気だったので、大学生になった元塾生が電話してきて、食事に行ったり、免許を取ったからドライブにつきあってなどと誘われることもありました。

一度びっくりしたのが、夜中に携帯電話にすごく慌てた声で電話がかかってきたことです。

どうしたのかと尋ねると、免許取り立てて中古車を購入し、嬉しくて乗り回していたところ、事故にあったとのこと。私は保険や事故にさほど詳しくはありませんが、車と自転車・歩行者なら10:0で車が悪いとかその程度のことは知っていたので、まず落ち着いて状況を話せといいました。

すると、その元生徒が言うには、コンビニに車を停めていたところ、違う車にぶつけられたとのことです。

元生徒が駐車場に入ろうとしたとき、相手が駐車場から出ようとしていて、ハンドルを切りながらバックしてきたそうです。

相手もぶつかったときに反省して自分が悪かったと認めているらしいが、その後どうしたらいいかわからないから急いで教えてくれとのことでした。
その状況を把握した後で、ちょっとだけ待ってろと言って車のディーラーをしている別の元生徒に電話してみました。
幸いすぐに電話に出てくれて状況を相談してみたところ、ひとまずこの場では相手に保険を使うのか、それとも示談にするのかを確認すること。保険にするなら先方の保険会社と担当者の名前を確認しておくこと。示談にするのなら念書を取っておくこと。それだけ確実にしておけば後は何とかなるといわれたので、事故をした元生徒に伝えました。
後日、事故をした元生徒からの話では、結局保険を使うことにしたらしく、滞りなく修理をしてもらえたのだそうです。

こちらはディーラーの元塾生に感謝です。

注目の情報、その他役立つ情報

Copyright (C)2014学生が事故にあった時の保険利用.All rights reserved.