相談料はどれくらいかかる?

相談料はどれくらいかかる?

相談料はどれくらいかかる? ファイナンシャルプランナーとは人生設計者とも言われ、人生の色々な段階でのお金について設計してゆく資格者です。社会人になってから結婚、出産、マイホームの取得、子育て、その教育、子供が自立したあとの生活などに必要なお金がどれくらいかかるのかを保険、税金、ローン、金融資産の運用などを含めて考えてゆきます。
ファイナンシャルプランナーは、長い期間の人生設計をする場合には設計を書面にして提案します。それとは別に、税理士法や弁護士法などに抵触しないように個々の行事の相談をする場合もあります。
特に相談料金は定められていませんが、おおむね、個々の相談ですと一時間当たり三千円から五千円程度と言われます。これに、連携している弁護士や税理士などへの相談が含まれている場合は実費が必要になります。
提案書の作成は、場合によりますが、結婚から老後までの夫婦で一人当たり三万円程度と実費といった場合が多いようです。提案書の場合の実費も弁護士や税理士への相談費用やファイナンシャルプランニングのソフト費用や製本代が含まれます。設計書はファイナンシャルプランナーの独自な製品ですから、その家族に適応したソフトなどを提供して数字が変更されたら入力すれば全体が変わるといったサービスなども提供され始めていますので、よく相談してみるのが良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格が活きる仕事

ファイナンシャルプランナーの資格が活きる仕事 ファイナンシャルプランナーの資格は金融系の仕事をする上で取得をしてることを推奨されます。金融や保険、証券会社では社員の方の昇進の際の判定基準になったり、転職や採用の際の判定基準になってきます。ファイナンシャルプランナーは2級以上が合格率も低くなり、難易度も上がります。勉強をしなければすぐに合格出来るような資格ではありません。しかし、保険商品の説明や、お客様に証券説明をする際などには金融の知識は欠かせません。銀行でも大切なお客様の資産運用のアドバイスを行いますので、金融知識や資格がないとお客ni
に不安を与えてしまいます。
また、個人のお客様以外にも、企業のコンサルタントをする上でも金融知識は欠かせません。金融コンサルタントとして活躍をしたい方もファイナンシャルプランナーの勉強はしていた方が顧客獲得に有利に働きます。また、金融の知識が深ければ自分自身の資産運用にも役立てることが出来ます。自分の人生をより豊かにするためにも活用出来ます。