ファイナンシャルプランナーに関する情報が満載!

ファイナンシャルプランナーがお金のパートナーになる理由

ファイナンシャルプランナーがお金のパートナーになる理由 ファイナンシャルプランナーは住宅ローンや保険、教育資金など、家計にかかわる金融のプロフェッショナルです。
FP技能士と呼ばれる国家資格や、民間資格のAFPやCFPという資格保持者なので、信頼できるお金のパートナーになってくれます。
例えば住宅ローンでマイホームを購入する際、通常は団体信用生命保険に加入しますが、ファイナンシャルプランナーに相談すれば、トラブルの心配がありません。
その他、不動産に関する法律や税制についても、相談できます。さらにファイナンシャルプランナーに依頼すれば、各種保険の見直しをして、適切なアドバイスをしてもらえます。
また、外貨預金や投資物件についての知識も豊富なので、資産運用についても的確な忠告を得られます。その他、老親の介護で高額な出費がある場合や、相続に関する税金対策、さらに自分の老後の生活に関する不安なども相談することが可能で、お金のパートナーとして頼ることができます。

ファイナンシャルプランナーを頼った方がいいシチュエーション

ファイナンシャルプランナーを頼った方がいいシチュエーション ファイナンシャルプランナーは、年金や子供の教育費、資産運用の際の貯蓄と投資の比率、税金対策や不動産管理などの、長期的な計画を作ることが得意です。
長期的なライフプランに合わせて、どのようにお金に関して計画を作ったらいいのか分からない場合は、頼った方がいいと言えます。
しかし、逆に仮想通貨やデリバティブなど、短期的な利益を大きく出したい場合は、ファイナンシャルプランナーの学習範囲ではないので、独学で行ったほうが良いです。
長期的なライフプランを考慮した場合、実際に老後の貯蓄がどれだけ必要か、住宅ローン返済にどれだけの期間が必要か、分からないことは多々あります。
ファイナンシャルプランナーにアドバイスを求めることで、長期的な資産運用計画や、ローンの返済計画を作ることが容易になります。
お金に関する制度に詳しくはないが、長期的なライフプランを作りたい場合は、ファイナンシャルプランナーは詳しいので、頼った方がいいです。