ファイナンシャルプランナーに関する情報が満載!

ファイナンシャルプランナーのサービス内容について

サービス内容について ファイナンシャルプランナーというのは、資産運用をトータルでサポートする職業です。
保険も投資も貯蓄もすべて相談が可能です。
ファイナンシャルプランナーの相談内容は多岐にわたるので、幅広い知識を備えている必要があります。
たとえば保険にしても投資にしても相続にしても税金が発生するようなことがあります。
そういった部分に関しても、簡単なところはファイナンシャルプランナーへの相談も可能です。
逆に、それぞれの内容に関して込み入ったものになれば、専門家に相談することになるでしょう。
たとえば税金の場合は税理士に相談しますし、法律の話は弁護士などの法律事務所への相談になるでしょう。
資産運用とはいっても、今後離婚するから財産分与をどうするかというような話はどちらかというと弁護士が専門でしょう。
なので、ファイナンシャルプランナーというのは特定の問題を解決するというよりはトータルサポートになります。投資に関しても具体的なアドバイスはしません。

役に立つ職業【ファイナンシャルプランナー】

役に立つ職業【ファイナンシャルプランナー】 ファイナンシャルプランナーとはどういう職業なのかというと、一言で言えばお金を扱うエキスパートです。
顧客の様々なお金に関わる相談に応じながら分析をし、人生設計についてアドバイスをする専門家です。
主に税金や資産運用、保険、不動産、年金、相続の6つの分野を扱います。
例えば、貯金や株の投資をしたいけれど具体的にどのようにしていけばよいのかや、結婚をしたら一体どんな保険に入ったらよいのか、また家をそろそろ買いたいがどんな住宅ローンを選べばよいのか、子供が生まれたら養育費や教育費はどれ位かかるのか、老後の暮らしや年金、そして子や孫への相続はどのようにすればよいのか等、日々の暮らしでの悩みから将来にわたってのお金の相談にのったりアドバイスをしたりします。
また、ファイナンシャルプランナーの知識はビジネスの方面でも活かす事が出来ます。
主に金融業会や不動産業界ではファイナンシャルプランナーの知識が役に立ちます。