ファイナンシャルプランナーに関する情報が満載!

保険の相談をするときのファイナンシャルプランナーの見分け方

保険の相談をするときのファイナンシャルプランナーの見分け方 保険の相談をするときのファイナンシャルプランナーを見分け方とはどのような方法があるのでしょうか? まず、専門の知識をもっているか、確認しましょう。
たとえば、税理士や保険募集人です。
ファイナンシャルプランナーの資格だけでは判断できない内容や書類作成などの事務が行えない場合がありますので、必ず確認しましょう。
また、保険にも分野がありますので、分野に特化しているかたを担当にしてもらいましょう。
担当が決まると、基本的には担当を変えることはできません。
相談、コンサルティングは長期間にわたることが前提になるためです。
同時進行は原則できませんので覚えておいてください。
現在担当しているかたとの相談が終わってから改めて相談しましょう。
また、ファイナンシャルプランナーの仕事はあくまで提案です。
専門家として保険の提案をすることはありますが、無理な勧誘などは一切あってはならないことです。
勧誘をするためには保険募集人の資格が必要となりますし、プランの作成にはお客様の利益が優先されなければなりません。

相談するファイナンシャルプランナーの選び方について

相談するファイナンシャルプランナーの選び方について ファイナンシャルプランナーに相談をする前には、目的、内容を的確にしておかなければなりません。
一口にファイナンシャルプランナーといっても専門分野が分かれています。
業務内容の領域が広いため、違う分野のFPに相談することはおすすめできません。
専門家の判断をあおぐ必要が出てくれば二度手間になってしまいますし、時間もかかってしまうからです。
単純にライフプランの作成や家計の見直しなどであれば、どのファイナンシャルプランナーでも良いでしょう。
しかし金融資産の運用や、不動産、相続に関することであれば、FPの資格の他に専門の知識を持っていなければなりません。
資格がなければ、アドバイスや書類の作成など行えないことがでてくるからです。
例えば、相続の相談であれば、税理士の資格も合わせて有するかたにお願いしたほうが良いです。
自分が何を目的としているのか、はっきりとさせておくことで、選ぶときに迷わずに済みますし時間の短縮にもつながります。